アーノルドフジタカムラ

第2回商品・サービス部門(グランプリ)

代表取締役:髙村 清太郎氏
所 在 地:船橋市芝山3-10-2-107
T  E  L:047-464-6974

ユニークなお店づくり
「街のパン屋さん」がテーマのアーノルドフジタカムラ。芝山団地商店街内にあり、今年で創業42年を迎えます。お店の目印は、店主の髙村 清太郎氏をモチーフにした看板。「たまーに しゃべる かんばん」と記されており、運が良ければ、「焼きたていかがですかー!」などと話しかけてくれます。

昔から変わらぬ味
お店の一押しは、食パンです。先代の時から変わらない、懐かしくて優しい味です。
「昔から変わらない、懐かしい味を存続させたいという考えから、父の代から変わらぬレシピで作っています。」と笑顔の髙村氏。
市外のお客様が食パンをまとめて買いに来てくれることもある人気商品です。その他にも、奥までぎっしりチョコクリームの入ったチョココロネや定番のカレーパンなども人気です。

オリジナリティあふれる商品
ちくわパンやたくあんパン、らっきょパンなど不定期で出される変わり種パンも同店の魅力です。ちくわパンの中には、チーズやツナ、明太ポテトが入っていて、食べごたえがあります。
「なにか面白いことをしているんじゃないか、今度行ってみようと思ってもらえるきっかけになればいい。」と話す髙村氏は、昔から人を笑わせたり、驚かせたりすることが好きだったと言います。

地域のために
約10年前に髙村氏がお店を継ぐために芝山に戻ってきた際、小さいころ自分を可愛がってくれた人が施設に入ってしまっていたそうです。その方に美味しいパンを届けたいという思いから、「会いに行くよ」と言ったのがきっかけで、訪問販売にも力を入れるようになりました。現在では近隣10か所以上の施設等に出向いています。

髙村さんからのメッセージ
当店で楽しくお買い物してもらえるよう笑顔とワクワクを準備して待っています!

(船橋商工会議所会報誌「Hand Shake」2018.6より)