ATELIER SAZANCA

代  表:高橋 信幸 氏
所在地:船橋市高根町728-1

 

 

オーダーメイドの魅力
ATELIER SAZANCAは職人が木製の腕時計を製作する工房です。
同店の腕時計には、木製のベルト、フレームには樹脂で固めた押し花が使われています。フレームは季節の押し花を散りばめた容器に樹脂を流し込み、切取って作ります。切取る場所によって表情を変えるのも、魅力の一つです。
「時計は付ける人の性別、年齢、趣味、家族構成などその人のストーリーを考えながら作っています。」
そう話す代表の高橋氏。同店は、高橋氏が世界で一つだけの時計を持ちたいという自身の希望から始まりました。

リラックスできる腕時計
「一昔前に比べ、腕時計を付ける人が少なくなりました。スマートフォンの普及や金属アレルギーの方の増加などが理由として考えられます。当店の時計の多くは、木製もしくは革のベルトを使用していますので、金属アレルギーの方でも付けられます。SNS疲れなどからデジタルデトックスを求めて、いらっしゃるお客様もいます。スマートフォンなど電子機器ではなく、職人が一から作った木製の腕時計で身体に優しく、リラックスした時間を提供し、お客様を笑顔にできればと思っています。」

本格派のハンドメイド教室
ハンドメイド教室も開かれています。腕時計を1日で作れるようにレクチャーしてもらえます。販売している商品と同等の商品を自分の手で作れるため、人気を博しています。
「結婚式のサプライズムービーを撮りながら制作される方、後日結納のお返しとして、腕時計を贈った方と一緒に挨拶に来てくれる方などがいらっしゃいます。人の人生に寄り添える腕時計をこれからも大切にしていきます。」

高橋氏からのメッセージ
「当店の腕時計を付けているときは、デジタルから離れ、気持ちが楽になってもらえるようにと思い、職人が1点1点丹精込めて作っている自慢の商品です。興味を持たれた方は、アトリエやオンラインストアにお越しください。」

(船橋商工会議所会報誌「Hand Shake」2019.11より)